スロットというゲームを楽しむ為のサミタ

【boat05さん 愛知県/30代前半男性】

 

どうも、30代フリーライターのオッサンです。最近、パチスロはどうでしょうか。昔はゲームとしてのスロットは否定的な立場だったのですが、最近はゲームセンターやサミタ(サミータウン)のパチスロも悪くないと思えるようになってきました。

 

というのも、4号機時代のスロットは正直ゲームとしては何も面白くない代物だったわけです。リーチ目機などお金が掛かっていなければただリールの組み合わせを見るだけであり、ストック機でいえば規定ゲーム数まで回すのがかなりの苦行になります。

 

稼げるからやっていたのであって、ゲームとしては普通にゲームをやっていたほうが面白かった訳ですね。しかし、5号機中期〜現状の時代は規制によりスロットのゲーム性に魅力がなければ誰も打たない時代になってきました。

 

それがプレミア演出であったりファン向けのちょっとした特別イラストであったり、方法は違えどゲームとしての完成度が高くなっていったのです。プレイ履歴が記録できるようになった機能はその最たるもので、コンプリート目指して打つという別の目的が生まれる程になっています。

 

ただそうなるとホールの設定1を打っていては底なしのようにお金が減るのも事実で、スロットをゲームとして楽しみたい人にとってサミタは最適のアプリになったのです。プレミア演出撮影はもちろん、その機種のポテンシャルを最大限に引き出す事が可能なので、驚くべき発見もあります。

 

一番多いのが、設定6ならこんなに安定して出るのかという気付きですね(笑) 特にホールでバラエティ台扱いになっている1台機種の設定6をサミタで打つと、最早ホールとは別物です。

 

個人的にはサミタ化物語で初めて倍々チャンス事故を体験し、ホールで夢見ている人達の気持ちがわかりましたね。終わらない状態になったATの消化というのは、何か救われたような気分にすらなりました。

 

後期5号機や6号機は性質上大勝が難しいとされていますが、実際は設定さえあればある程度のラインは全然出るということを証明してくれます。6号機万枚は、難しいですが不可能な夢ではありません。

 

サミタは実機そのままのゲーム性なので、ホールとの違いは営業時間と設定だけです。フリーズが引きやすくなっている訳ではなく、サミタで引いたものは実機の確率と同じところを引いた事になります。

 

それを損と感じるかどうかは考え方ですが、楽しいかどうかはわかります。サミタでゲーム性が楽しいのであれば、ホールでも楽しいのは間違いないからです。

 

サミタで養えない感覚は、ビタ押しだけです。サミタのディスクアップ完璧に目押しをマスターしても、ホールでの成功率はあがりません。BIGを引いた興奮、ホールの音量と緊張感、実際にボタンを押すタイミングだけは掴まなければ成功しないでしょう。

 

ただそれ以外は好きな時間に好きな台の設定6が打てるので、総合的にはサミタに軍配が上がるでしょう。自分はスロットが好きなのかギャンブルが好きなのか。サミタで遊んでみると、自分でも気づかなかった答えが得られるかもしれませんよ。

関連ページ

4号機時代の懐かしいパチスロで毎日遊んでます!
4号機時代の懐かしいパチスロ機種で遊んでます!
4号機時代の懐かしいパチスロで毎日遊んでます!
スマホで空いた時間にスロットが楽しめるベラジョンカジノにすっかりはまってしまいました。
ディーチェは稼げる!連チャンで期待度は激アツ
ディーチェのオンラインスロットは稼げる!
ベラジョンカジノのスロットでスターバーストが一番好き!
ベラジョンカジノのスロットではスターバーストが一番好きです。